pictHeader-news

サンプル:03『家族の肖像』

2008年8月 於 アトリエヘリコプター

sample03

「大人」であろうとすることに悩まされてきた人の転倒というか、 半分意図的な踏み外しと言えるような失態を見せたいです。
ちっぽけなきっかけから「立ってることがつらいなら転んじゃえ!」 というスローガンの元に大でんぐり返し状態が始まる。
そこには「私も連れてって!」という悲鳴とも歓喜とも区別がつかない叫びが聞こえてくるのではないでしょうか。
「どこに?」という言葉は意味をなさないでしょう。
彼らは闇雲にでんぐり返しをしていることも自覚しているのです。

この状況に積極的な意味を与えたい。
彼ら(僕ら)は他人ではないことを突きつけたい。
それでも誰かとつながりたいという無理矢理なリンクの要求をこの題名に託しました。

松井 周(主宰)


第53回岸田國士戯曲賞、最終候補ノミネート作品

Performing Arts Network Japan

 
タイトル 『家族の肖像』
作・演出 松井 周
出演 辻 美奈子、古屋 隆太、古舘 寛治、羽場 睦子、木引 優子、江原 大介、岡部 たかし、中川 鳶、成田 亜佑美、西田 麻耶、野津 あおい、村上 聡一

TWITTER

SPECIAL

『ブリッジ』バナー
マガジンバナー
戯曲集バナー
サンプルクラブバナー
メルマガバナー