古舘寛治とgiftedたち

ゲスト:横浜聡子さん

ゲスト:横浜聡子さん

「“破綻”を乗り越えようとして頑張っている作品が好き」

公開日:2017.6.14

古舘寛治がgifted(才人)たちと語らう対談シリーズも、いよいよ最終回。8人目のゲストとして登場してくれたのは、映画監督の横浜聡子さんだ。『ジャーマン+雨』『ウルトラミラクルラブストーリー』『俳優 亀岡拓次』といった、生命感に満ちた作品づくりで知られる横浜さん。二人の言葉は、シリーズ最終回らしく、人がものをつくることに込める“願い”をめぐって紡がれていった。

横浜

全然です、仕事ください(笑)。私も、古舘さんに聞きたい話があってきたんです。俳優さん自らが発信していけるような状況が少ないという問題は私もすごく感じています。現場においても、俳優とスタッフ側とが事前に十分なコミュニケーションをとってアイディアを出し合い作品がつくられることって、そうそうありませんよね。第一に時間がないという問題があるんですが、そこに疑問や違和感を感じ始めていたんです。ですから古舘さん流の、0から俳優と他のつくり手が一緒になって、ものをつくっていくという考え方に興味があるんですね。かといって、プロデュースという括り方でもないんですよね?

古舘

そうですね、プロデュース的なお金の集め方はよくわからないので、違うやり方で。ちょっと前からそういうことをやっていけるようになりたいなと思っていて、今、具体的にいくつか動き始めている企画はあるんです。こんなふうに物事は動き始めるんだ、面白いな、と実感し始めているところです。

横浜

そういうことをお考えになったのって、ものづくりの現場に、なにか物足りなさを感じたからなんですか?

古舘

多分、そうなんでしょうね。演じる喜びのためにこの仕事をやっている部分は強くて、自分の欲求がそのまま仕事にできちゃったのでラッキーなことではあるんですが、だからこそ、面白いと思えない仕事とのバランスのとり方がわかんないんですよね。いや、もっと面白くなりうるよって思うことがあったとしても、いち俳優として現場で状況を大きく変えることはできない。だったら、もう企画から動けばいいんじゃないか、と。 きっと僕はこのまま、やりたいことをやろうとしないで、来る仕事だけを受けていたらもうちょっと楽に生活できるかもしれない。でもそれだけではだめだと思ったんです。

古舘寛治 画像

横浜

そういう悩みを抱えていらっしゃる俳優さんは多いと思いますが、具体的に行動に移している方というのは、そうそういないですよね。

古舘

あまりいないみたいですね。あるテレビのプロデューサーにも聞いたんですが、「いません」と言われました(笑)。

横浜

私は、企画が立ち上がったあとの脚本、いわゆるホンの内容がどのレベルまで達したら撮影にこぎ着けられるのかというのがわからないんです。いろんな人を納得させてお金を集めるわけですから、ホンの精度が高いものを求められるのは当然なんですが、ホンってある意味、たたき台でしかないと思っている節もありまして。もちろん精度が高くて面白いホンであることに越した事はないのですが。

古舘

逆に海外の人だと、日本のホンは分かりにくいってよくいうようですね。海外のホンは、お金を集めるために、画づくりのことも含めてものすごく具体的に説明してある。それは人を説得するためのホンなんですよね。実際にベルギー人監督のホンを見たことがありますが、事細かに説明がなされていて、こんなに違うんだと思ったことがありますね。

横浜

お話が書いてあるだけじゃないんですね。

古舘

セリフだけでなく、小説的に描写がされている。これが普通だよと、そのベルギー人監督にはいわれましたが(笑)。日本の脚本はだいたい場が書いてあって、セリフがあって、ト書きは最小限ですよね。いわば、どうとでもとれるように書いてあって、僕はそれは自由度があっていいと思っていたんですけれども、海外は他者にわからせるために書いてあるんだな、と。そのうえで、ホンに縛られないで撮っていく自由さもある。

構成・文:宮田文久