古舘寛治とgiftedたち

ゲスト:井上剛さん(NHK)

ゲスト:井上剛さん(NHK)

「虚実のあいだで自由に、“境界”をずらしたい」

公開日:2017.6.13

『あまちゃん』『64(ロクヨン)』『その街のこども』など、手掛けた話題作は数しれず。テレビディレクター・井上剛さんは、NHKドラマを象徴するヒットメーカーでありながら、時代と真摯に向き合い、倫理的な問いかけも織り込まれた作品群を世に送り出し、支持を集めてきた。フィクションとドキュメンタリーの間で“自由”になる表現をめぐって展開する、古舘の対談シリーズ第7弾!

井上

神戸の街を映すにしても、“15年後”の神戸を二人の男女がさすらうわけなんですが、あそこに普通のドラマのようにライティングをしてしまっては台無しになっちゃうんです。それこそ震災当時の街並みがそうだったように、あの男女には“闇”が必要で、まさに二人がその記憶を思い出している話でもありました。とはいえ、撮りながらもほぼ真っ暗なわけですから、僕は内心不安なんですけれども、森山さんは「大丈夫ですよ、俺たちには“見えて”いるから」って言ってくれた。「俺とサトエリには見えているから」と。彼らしいでしょう?(笑)

古舘

そうした、演出によって俳優がどんどん自由になる現場って面白いですよね。芝居の難しさというのは不自由であることなんです。カメラの向きがとかいろんな縛りがあるなかで、決まっていることを決まっていないかのようにやる演技というのは、本来、矛盾だらけなんですよね。そもそも、言わなければいけない台詞があるわけですから。基本的に縛られている状態からスタートする。

井上

とてもよく分かります。

古舘

だからこそ、理想は自由な状態であって、そこに近づけば近づくほど、俳優は面白い。ディレクターの方の演出によって、俳優はどんどん自由になるし、それはあまり方法が知られていないだけで、井上さんのように可能なことだと思うんですよね。こうした自由さは、普段から作品づくりにおいて大事にしていらっしゃる感覚でもあるのでしょうか。

井上

はい、すごく大きなものですね。古舘さんが先ほどおっしゃられていた、テレビだと時間がないからシチュエーションもカットも決め込まれてしまう……というお話にもつながると思うんですが、台本の読み方ももっと自由であっていいと感じているんですよね。たとえば、シーン1、2、3……とホンの上に並んでいても、全部ワンシーンにまとめていいのでは、という自由な読みはされていいはずなんですよね。普通だったらひとつのシーンが終わったら、はい、次のセットに行きます、あるいはロケに出ます、と事が運ぶわけですが、すべてつなげてしまっていいのかもしれない。去年放送された、黒柳徹子さんのエッセイをもとにしたドラマ『トットてれび』(2016年)では、セットで撮影していたシーンからカメラを振ると次のセットがある、といった方法をやってみました。映像づくりを縛っている“境界”をずらしたい、という思いはありますね。

古舘

そうした自由な考え方は、どのように育ててきたんですか。

井上剛さん(NHK) 画像

井上

テレビ局といっても、僕らは民放さんと違って、新人の頃はほとんどの人がローカル局に行くんです。そして、そこであらゆる番組をやるんですね。スポーツ中継もやれば報道番組もやる、天気予報も担当する、とか。そうすると、たとえドラマ志望だとしても、ドラマの60分もドキュメンタリーの60分も、政治討論の60分も、観ている方からしたら同じ時間として観ているのではないか、という感覚が芽生えてくる。ドラマだけど、ひょっとしたらドラマとして観られていないかもしれない、と思ったりすると、ちょっといろいろ試したくなっちゃうんですよね(笑)。

古舘

でもNHKというマスメディアで、そうした斬新な作品をつくって放送していると、内から外からいろんな人が物を言ってきそうな気もしますが……たとえ批判がきても譲れない一線というのは、どうやって守っているんでしょうか。

井上

なんでしょうね……こちらが大事にしているものをあまり悟らせたくないというか……。言ってくる人たちと同じ土俵に立たず、うまくかわしながら、それでも表現していきたいわけで。何かいわれたときに、そこで自分も真っ向から曲げたくないものを言葉に出してしまうと、本当に大事なものが届けられない、という気がする。今の時代、曲げたくないもの、譲れないものを迂闊に口に出しちゃうと、誰にというわけではないんですが“とられちゃう”という感覚があるんですよね。おっとあぶない、みたいな感触はよく抱きます。うまく言えないんですけど。

古舘

わかるような気もします……。その上で、最後は未来の話を。これからの目標はありますか。

井上

どこまでやれるかはわかりませんが、今はとにかく「明るい」話を撮りたいなあとは思っています。観ていて面白いものをと。僕としても楽しいですから。古舘さんは最近どうなんですか?

古舘

長年の目標は俳優として食うことだったんですが、それはとりあえず今は達成できて。去年は『淵に立つ』でカンヌに行って賞をもらったり、静岡で舞台の演出をしてすごくいい経験ができたり……やりたいこともすごく増えた。そうした流れのなかで今回、劇団サンプルの俳優の集大成として、『ブリッジ』に挑むという状況なんです。

井上

いいですね、楽しそう。古舘さん、なんだかノリノリだなあ(笑)。やっぱり、楽しいことをしていかなきゃいけませんよね! 僕も楽しくやっていこうと思います。

構成・文:宮田文久
写真:高野由香里