古舘寛治とgiftedたち

ゲスト:井上剛さん(NHK)

ゲスト:井上剛さん(NHK)

「虚実のあいだで自由に、“境界”をずらしたい」

公開日:2017.6.13

『あまちゃん』『64(ロクヨン)』『その街のこども』など、手掛けた話題作は数しれず。テレビディレクター・井上剛さんは、NHKドラマを象徴するヒットメーカーでありながら、時代と真摯に向き合い、倫理的な問いかけも織り込まれた作品群を世に送り出し、支持を集めてきた。フィクションとドキュメンタリーの間で“自由”になる表現をめぐって展開する、古舘の対談シリーズ第7弾!

井上

お久しぶりですよね、ドラマ版の『64(ロクヨン)』(2015年)でご一緒して以来でしょうか。

古舘

そうですね、ご無沙汰しています。何度も現場に呼んで下さっていて、ありがとうございます。しかも非常に古舘らしいというか、“ピンポイント俳優”として度々使ってくださっていて、井上さんは古舘の使い方の極みのような方です(笑)。

井上

いやいや(笑)、最初に出演をお願いしたときも、ずっと出ていただきたいと思っていた結果だったんですよ。

古舘

そうでした、『あまちゃん』(2013年)のワンシーンで初めて呼んでいただいて、現場に着いたら、それこそ昔からの竹馬の友のように迎えてくださったのを覚えています(笑)。

井上

たしか静岡出身のピエール瀧さんに「現地の人だったら知らない人はいないCM」だと教えてもらって、シュールな演出で話題だった静岡ローカルのCM「コンコルゲン」を観たんですよね。それ以外にも「NOVA」のCMや、映画作品でも度々拝見していたので、いつかご一緒したいと思っていたんですよ。だから、現場に来てくださったときは本当に嬉しくて(笑)。それで演じていただいたのが、ドラマ内映画というか、薬師丸ひろ子さん演じる鈴鹿ひろ美が主演を務める映画のいかがわしい監督役でした。

古舘

やっぱりいかがわしかったでしょうか? いや、僕が演じると何でもいかがわしいと言われてしまうもので……(笑)。ともあれ、あのシーンは、鈴鹿ひろ美が「このセリフは震災を受けた方たちに失礼にあたるんじゃないか」と不安を覚えて、監督に相談する、そして監督は適当にあしらう、という場面でしたね。

井上

よく覚えていらっしゃいますね!

井上剛さん 画像

井上剛さん プロフィール

1968年、熊本県生まれ。NHKチーフ・ディレクター。『クライマーズ・ハイ』、『ハゲタカ』、『ちりとてちん』、『てっぱん』、『64(ロクヨン)』など、NHKドラマの話題作を次々と世に送り出す。阪神淡路大震災から15年後の神戸を描いた『その街のこども』は、自身初となる監督映画作品として劇場公開もされた。大ブームとなった『あまちゃん』では東京ドラマアウォード2013 演出賞受賞。2017年、『トットてれび』で第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞に輝いた。

古舘

だって、僕が10代前半の頃に最も憧れていたアイドルのひとり、薬師丸ひろ子さんとの共演シーンだったんですから……。

井上

撮影が終わった後、収録が押しているから早く撤収しなきゃいけないのに、古舘さんは延々と薬師丸さんに喋っていらして(笑)。

古舘

仕事場で共演した方に握手を求めたのは、生まれて初めてでした……(笑)。

井上

「本当にファンなんです!」とおっしゃっていた(笑)。

古舘

演技自体も、監督の僕はトイレに行こうとして、相談してくる薬師丸さんをあしらわなきゃいけない。でも僕は、本当だったら「そうですよね、薬師丸さんのおっしゃる通りです」と言いたい気分でした(笑)。

井上

そうです、そう仰りました僕に。で、まともな人だなと。でもそれじゃこのシーン、コメディにならないだろうと(笑)不思議な方だなと思いました。楽しい現場でしたね(笑)。その後に『64(ロクヨン)』でお願いしたときもそうなんですが、古舘さんしか思い浮かばない役というのがあるんですよ。この対談シリーズの第2回でキムラ緑子さんが、古舘さんが物を飲む演技について触れていたということなんですけど、すごくそのシーンの印象を“留める”ことをしてくださる方だと思っているんです。そのシーンにものすごく意味があるんじゃないかと思わせてくれて、そして実際に意味があるんですよね。

古舘

ありがとうございます。僕自身は、自分でいうのもなんですがまともな人間なので、そのまま演技しているだけなんですが……。

井上

おそらく、古舘さんのそうした“まともな感じ”が好きなのかもしれないです。映画『淵に立つ』を拝見したときも、最初にご飯を食べているシーンから釘付けになりましたもの。なんだろう、「この人は絶対に真っ当な人だからこそ、そこから外れるのかもしれない」と思わせられるような……。いい人なのか悪い人なのかわからない、どっちなんだ、と。まともなのかそれは?と。

構成・文:宮田文久
写真:高野由香里