古舘寛治とgiftedたち

ゲスト:大木綾子さん(フジテレビ)

ゲスト:大木綾子さん(フジテレビ)

「視聴率も大事だけど、何よりもターゲットに響くことを意識している」

公開日:2017.6.12

古舘寛治が今話したい才人(gifted)と語るシリーズ。今回のゲストは、古舘が父親役として出演した、『突然ですが、明日結婚します』プロデューサーの大木綾子さん。舞台からドラマのキャスティングをすることもあるほどの演劇好きでも知られている。今回、巷で話題となっている視聴率については避けるべきなのか……。対談が始まる直前まで悩んだ末に古舘が出した答えとは。

大木

少数派ではあるので、大事にはしたいなと思っています。

古舘

舞台を観る人が少数派ってことですか?

大木

そうですね。みんな勉強のつもりで観てはいるけど、私は好きで劇場に通っているので。「なんかすごい人を見つけちゃった」とか「この役だったらおもしろいかも」って、手帳に書いていますしね。

古舘

いいですね、こういう方がいらっしゃるのは。プロデューサーになる前は、演出をやっていらしたとか?

大木

やっていたこともあるんです(笑)。

古舘

それからプロデューサーになられたのは、どういう経緯なんですか?

大木

会社員なので、最終的には会社の客観的な判断……ですね。最初はものすごく抵抗したんです。でも、やってみたら想像していたよりも楽しいし、ディレクターよりもキャスティングの自由度もありますし。私は、既に有名な人を引っ張ってくるタイプではなくて、「皆さん知らないかもしれませんが、こんな怪物を連れてきました。どうですか?」という提案をするのが好きなんです。

古舘

僕もお世話になりました。「ついに月9でお父さん役をやるまでになったか」って感慨深いものがあります。じゃあ、プロデューサーとして、日本のドラマ業界、ひいては社会に対して思うことはありますか?

大木

これはプロデューサーとしてというよりも、みんなが感じていることだと思うんですけど、世の中のヒット作と言われるモノを本当にいいと思って観た人がどのくらいいるのかな? と、すごく思いますね。人がオススメするモノや世の中のブームに乗っかるだけというか……。

古舘

それ、すごくわかります。やっぱりIT革命なんですか?

大木綾子さん(フジテレビ) 画像

大木

食べログで点数が高いお店とか、そうかもしれないですね。もちろん、時間にしろお金にしろ、みんな損はしたくないのはわかるんです。でも、食べログの評価が低くても、自分が美味しいと思えば、大いばりで「僕はこのお店が好き!」って言えばいいのになって。そういう人は、誰にも言えず地下に潜ってしまっている感じがあるのかな、とは考えます。演劇でも「確実にこれはいい」と言われているモノは、みんなも観に行くけど、「観続けるのはつらい。でも、劇場を出るに出られない……」みたいな、痛い目にあう作品もたくさんあるじゃないですか。

古舘

ありますね。演劇人口が増えない大きな問題です。

大木

それも含めて、なんですよね。10本観た内の9本が駄作だとしても、ひとつでもおもしろい作品があると酒がうまい! そういう自分で探すということが減ってきているように感じます。

古舘

そんな人たちが、何とか日本の演劇界を支えてくれているんです。なるほど……。(暫しの沈黙を経て)ニューヨークで買ってきたオーガニックミント、身体にいいって書いてあるので、ちょっとこれを食べていただけると……。

大木

古舘さんがどこかに行っている間は、このミントを食べて待っていてねってことですね(笑)。

古舘

いやいや、すごい考えながら聞いているんですよ! 昨日の夜にも大木さんとなにを話そうかって考えていたんですけど、僕とのつながりは月9だし、でも、そこは触れられないかなって思っちゃったんです。世間的には視聴率で騒がれていたこともあったので……。

大木

また、その話ですか(笑)。

古舘

それを回避してもいいんだけど、月9繋がりなのにまったく触れずにしゃべったら、読む人は納得するんだろうかって。

大木

いいですよ。「flumpool(フランプール)」(注:ヴォーカルの山村隆太さんが名波竜役で出演)もライブで散々数字のことをいじってくれましたから(笑)。

古舘

どんな感じで、いじったんですか?

構成・文:金井悟
写真:高野由香里