古舘寛治とgiftedたち

ゲスト:大木綾子さん(フジテレビ)

ゲスト:大木綾子さん(フジテレビ)

「視聴率も大事だけど、何よりもターゲットに響くことを意識している」

公開日:2017.6.12

古舘寛治が今話したい才人(gifted)と語るシリーズ。今回のゲストは、古舘が父親役として出演した、『突然ですが、明日結婚します』プロデューサーの大木綾子さん。舞台からドラマのキャスティングをすることもあるほどの演劇好きでも知られている。今回、巷で話題となっている視聴率については避けるべきなのか……。対談が始まる直前まで悩んだ末に古舘が出した答えとは。

古舘

今日はありがとうございます。大木さんにはドラマの打ち上げの日に、僕の誕生日のお祝いもやって頂いて。

大木

そうですよ! ものすごく準備していたんですから。

古舘

なのに、僕はインフルエンザにかかってしまい、打ち上げに行けないと伝えたんですよね。そうしたら、シャンパンタワーが待っているから、と。

大木

現場は激震! キャンセルも間に合わなくて。本人不在だし、シャンパンはドボドボ溢れて(西内)まりやちゃんの服に飛ぶし、「なんだ、このイベントは!」みたいな感じでした(笑)。

古舘

その様子をAPの方が撮影して、編集までしてくださったんですよね。僕、そういう残念なことが、いっぱい起こるんです。サンプルが岸田國士戯曲賞を獲ったときも仕事で、みんなが祝っているところにいられなかったりとか。

大木

インフルエンザで苦しんでいるなか、古舘さんからお手紙もいただきましたよね。すごく温かいお言葉だったんですけど、途中から笑いが止まらなくなっちゃって。「すみません笑っちゃって」って言いながら、最後まで読み上げました(笑)。

古舘

ドラマの現場では、PARCOプロデュース『ヒッキー・ソトニデテミターノ』(注:古舘は中年の引きこもり男性役で出演)を観てくださっていたと聞いて驚きました。ありがとうございます!

大木綾子さん 画像

大木綾子さん プロフィール

1996年フジテレビ入社。フジテレビジョン 制作局第一制作センター配属。これまでに手がけた主な演出作品に『ライアーゲーム』『救命病棟24時(第4シリーズ)』、プロデュース作品に『突然ですが、明日結婚します』『主に泣いてます』『ナオミとカナコ』などがある。

大木

『ヒッキー・ソトニデテミターノ』は、古舘さんが外に出てからの流れを「よくやった。そうそう、引きこもっていちゃいかんよ!」なんて思って観ていたんですけど、その後に「え、死んじゃったの?」って……。自分がすごく浅はかで、客席にいながら責任を感じちゃいました。

古舘

僕でも忘れているのに、よく覚えていますね。大木さんは、演劇がお好きとのことですが、『ヒッキー・ソトニデテミターノ』作者の岩井くんについては他の作品も観られていますか?

大木

わりと観ています。最近おもしろかったのは『おとこたち』ですね。

古舘

あれはよかった。僕も初演を観た時に「これは日本のトップだ」って思いましたよ。

大木

年老いていく過程で(電車で小突かれて走っていく若者に、老人が追いつけないときに)「あいつ陸上選手だぜ」って悔し紛れにいう発想とか、男性だけじゃなくて、女性でも、自分の視点しかないから脚が遅くなっていることに気付かない。その老いが認められないことを簡潔なセリフで表現するのがすごいなって。

古舘

でも、サンプルは観てないでしょ!

大木

いえいえ、観ていますよ! 観てはいるんですけど、なにを観たか演目を覚えていなくて……。すみません、こんなところで堂々と言ってしまった。

古舘

観ているのに覚えてないっていうのは、逆にショックですね。これはもう、観てないことにしようよ(笑)。でも、芝居からテレビドラマのキャスティングをすることは心がけているんですよね?

構成・文:金井悟
写真:高野由香里