古舘寛治とgiftedたち

ゲスト:キムラ緑子さん

ゲスト:キムラ緑子さん

「古舘さん、どうしてそんな芝居になったの?」

公開日:2017.6.4

古舘寛治が今話したい才人(gifted)と語るシリーズ第二弾のゲストは、長年舞台に映画にと八面六臂の活躍を続け、近年も新たに脚光を浴びているキムラ緑子さん。古舘とはNHKの朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』で共演し、昨年は古舘がキムラさんのパートナーであるマキノノゾミさんの戯曲を演出した、という縁を持つ。しかし、シリーズのホストとして張り切る古舘に対し、キムラさんが矢継ぎ早に鋭い質問を繰り出して、古舘がたじたじに……!?

古舘

この対談シリーズでは、今後お互いがどんなことをやってみたいか、ということも話したいんですね。僕は昨年、SPAC(静岡県舞台芸術センター)の企画で、初めて演出をやらせてもらったんです。それも偶然なことに、緑子さんの旦那さんでいらっしゃる劇作家・マキノノゾミさんの作品『高き彼物』で。

緑子

ぜひ、マキノノゾミの作品はまた扱ってみてほしいです。今、改めて上演してみてもらいたい戯曲もいろいろとありますし。

古舘

ありがとうございます、嬉しいです。いずれにしても、また何かの作品を演出させてもらえることがあった時に、緑子さんに出ていただけたら、そこで緑子さんと僕の“演技観”をめぐって、何かが共有できるんじゃないでしょうか。

緑子

たしかに! 何かお互いの謎が解けることがあるかもしれませんね。ぜひ使ってやってください(笑)。

古舘

いやいや、こちらこそ。ぜひお願いします。

緑子

55歳になった最近よく思うんですけど、大御所感や貫禄が出てきたら、人間は終わりだなって。

古舘

そうなんですか?

緑子

そうした貫禄を出さないために注意して、そちらに力を使っている人だっていますから。大物だなんて言われたらおしまいっていうことなのかな、なんて思っているんです。

古舘

なるほど、すごく含蓄がある言葉ですね。

緑子

……いえ、大好きなユーミン(松任谷由実)の言葉なんですけど(笑)。

古舘

そんな素晴らしいオチまでついている……!(笑) いや、でも本当に、キャリアも年齢も重ねてきたなかで、これからどうするかということは考えますよね。僕もつい最近まで食えなかったのに、去年は『淵に立つ』でカンヌ映画祭に行けたり、ずっと演出したいって口に出していたら、先ほど言ったように初演出させていただいたり……予想外のことばかりですし、やりたいことを外に発信していったら、実際に実現していくのかもしれないと思い始めているんです。

古舘 画像

緑子

ずっと大変だったのは私も一緒ですよ。1984年から2010年の解散まで、マキノノゾミが立ち上げた劇団「M.O.P.」に所属していて、本当に楽しかったですけれど、体力的にはとてもしんどかったですから。それにしても、古舘さんが今おっしゃったような流れってありますよね。「引き寄せの法則」みたいな……ずっと願いを唱えていれば、いずれ叶う、という。

古舘

本当にそうですよね、不思議なことなんですけれど。緑子さんは、何かこれからしてみたいことはありますか?

緑子

何だろう……まだまだ私の頭のなかで構想している段階なんですが、今度、歌のライブをやろうと思っているんです。

古舘

いいですね! 緑子さんは歌うのが大好きですものね。以前からステージでは歌っていらっしゃいますよね?

緑子

知人の方の企画に乗っからせていただいて、ずっと歌わせてもらってきたんですね(注:「Dolly」という歌姫に扮して、年1回ほど芝居仕立ての音楽ライブでステージに立っている)。とても楽しい経験をしてきたんですが、その上で今、自分がやりたいことは何だろうと自問自答した時に、きちんと自分で企画して歌ってみたいな、という気持ちが沸き上がってきまして、ようやく最初の一歩を踏み出そうとしているところです。俳優としても人としても、流されているばっかりじゃいけないなあと最近強く思うようになって。だって、今は世の中もひどいじゃないですか。

古舘

本当にひどいと思います。

緑子

いつ戦争が起こるのか不安になるような雰囲気で、頭にくることも多いし……そうしたなかで、生ものである演劇だからこそ、共に考え感じられる物づくりが出来ないかということを考えます。あと何度ステージに立てるのかと思うと、わざわざ足を運んでくださった方々に向けて、持てるエネルギーを存分に使うことが出来たらなと思います。歌をやってみたいというのも、そうした思いからも生まれてきている考えなんです。

古舘

政治的なことは、日本では俳優がなかなか口に出しませんしね。そうしたメッセージをプロパガンダにならないように伝えるというのも、また難しいことではあるわけですが。

緑子

古舘さんは昔から、自分で企画して物事を動かしていく人だったんですか。

古舘

そういうふうになりたいな、とはずっと思っていたんですが、どうしたらそうなれるのか、よく分からなかったんです。これまでは俳優として、来る仕事をただ待つような状態で延々と過ごしてきました。

緑子

それは私も一緒ですよ。ずっと受身だったような気がします。

古舘

そこから少しずつ動き出している、という状況ですね。価値観を共有している人たちは、数は少ないけれどもいるわけですから。緑子さんも、嬉しいことに僕のことを面白がってくださっているお一人ですし。

緑子

面白い人は、自然と別の面白い人と縁がつながっていくと思うんです。一緒につくって楽しい人と仕事ができるのが一番ですものね。そういう仲間に恵まれているということはいいことじゃないですか。

古舘

はい、ぼちぼちやっていきたいと思います。

緑子

古舘さんは本当に面白い人ですから、人が寄ってくるんですよ。でも、まさに“ぼちぼち”と、今の世の中に対して引っ掛かりを覚える感覚を作品として表に出しているのは演劇の特色ですし、演劇の人で頑張っている方はたくさんいらっしゃる。私もそういう方々とかかわっていくことが出来たらなと思っています。

構成・文:宮田文久
写真:高野由香里