古舘寛治とgiftedたち

mainpict01

ゲスト:夏帆さん

「お芝居は分からないことだらけ。でも楽しさが分かってきた」

公開日:2017.6.2

古舘寛治が、いまもっとも注目して、話を聞いてみたいと考える才人(gifted)たちと語る連載シリーズ。
その記念すべき第一弾は、女優として華々しい活躍を続ける夏帆さんがゲスト。
25歳と49歳、ふたまわりも年齢が離れた“異世代対談”は、二人の対照的な、しかし共に実直な生き方が交差する、心温まるものになった。

古舘

今日はお越しいただいてありがとうございます。これがどういう企画かと言いますと、まずサンプルが劇団という形としては、とりあえず今回が最後の公演になるんですね。

夏帆

え、そうなんですか!

古舘

そうなんです、サンプル自体は松井周のユニットとして続いていくんですが、劇団としてはひとまず一区切りということで、せっかくなので盛り上げていきたいなと思って。作品としていいものをつくるということはもちろん大事なんですが、それ以外にも、何かやれることはないだろうか、と。そこで、僕が今ぜひお話を聞いてみたいと思っている方々と、対談させていただく企画を立ち上げました。ありがたいことに8人のクリエイターの人と連続対談となったんですが、僕自身が大丈夫なのか不安だという……(笑)。

夏帆

8人! すごい人数ですね(笑)、お稽古の合間に8人と対談って大変そう……!

prof01

夏帆 プロフィール

1991年6月30日、東京都生まれ。小学校5年生時に原宿でスカウトされ、2003年にCMでデビュー。2004年以降はドラマや映画に出演、女優としてキャリアを重ねる。映画『天然コケッコー』『箱入り息子の恋』『海街diary』など出演作品多数。『海街diary』にて、2016年に「第39回日本アカデミー賞」優秀助演女優賞を受賞。2017年6月16日より、主演を務めるAmazonオリジナルドラマ『東京ヴァンパイアホテル』がAmazonプライム・ビデオで配信

古舘

そうなんです、どうなることやら(笑)。いや、でも本当に、夏帆さんに1番バッターで出ていただけて、メチャクチャ嬉しいです。改めて、ありがとうございます。

夏帆

こちらこそ嬉しいです、ありがとうございます。

古舘

夏帆さんとは以前からお話はさせていただいていたんですが……。

夏帆

あ、そうか、実はちゃんと共演させていただいたことはまだないんですね。

古舘

そうなんです、2013年に公開された映画『箱入り息子の恋』で二人とも出演しているんですが、夏帆さんは星野源さんの恋人役でヒロイン、僕は星野さんの職場の上司役で、出演する場面も違って。

夏帆

同じ作品に出ていたんですが現場での共演はなくて、撮影が終わった打ち上げの席で初めてお会いして、お話させていただいたんですよね。

古舘

夏帆さんがお酒を飲んでポワーンとしていらっしゃって、とても気さくに話しかけてくださった覚えがあります(笑)。

夏帆

たしかに気持ちよく飲んでいたかもしれません……(笑)。映画監督の山下敦弘さんのお話をさせていただいたんですよね? 私はまだ中学生の時、2007年に『天然コケッコー』で本当にお世話になった監督さんです。

古舘

夏帆さんは『天然コケッコー』で主演されて、僕は2006年の『松ヶ根乱射事件』と、2011年の『マイ・バック・ページ』に出ていて。だからこの二人は、〝山下さんつながり〟という面も強いというか。

夏帆

初めてお会いした時に、そういうお話で盛り上がった記憶があります。

構成・文:宮田文久
写真:高野由香里