profile

劇団サンプルとは

松井周(劇作家・演出家・俳優)の主宰する劇団。
青年団若手自主企画公演を経て、2007年に劇団として旗揚げ。松井周が描く猥雑かつ神秘的な世界の断片を、俳優とスタッフが継ぎ目なく奇妙にドライブさせていく作風は、世代を超えて広く支持を得ている。
作品が翻訳される機会も増え『シフト』『カロリーの消費』はフランス語に、『地下室』はイタリア語に翻訳されている。
『家族の肖像』(08年)と『あの人の世界』(09年)で第53、54回岸田國士戯曲賞最終候補にノミネート。
『自慢の息子』(2010年)で第55回岸田國士戯曲賞を受賞。

国際交流基金インタビュー

サンプルの由来

私はユニットの名前を「サンプル」としました。これには大きく二つの意味があります。
一つは「紛い物」という意味です。これは、一旦人間を、人間性や感情や内面から引き離してみようという試みです。
人間を動物のように観察するということと同じかもしれません。しかし、そうは言っても人間は言語を使用するし、そこで消費されるエネルギーもばかになりません。
ですから、その言語活動も人間の「言い訳」のように捉えながら、物語を描いていきたいと思います。
もう一つは、「試作品」という意味です。サンプルは「紛い物を創る」ための仮説を立てて、日々実験・実践していく場としてのユニットだと考えています。
作品を窮屈なわかりやすい形に閉じこめるのではなく、柔軟に変化していくことを理想として「試作品」=サンプルと名付けたいと思いました。

私がサンプルでやりたいこと

人間を疑うこと、これが出発点でした。
人間には統一された「自我」などなく、あるとしてもそれは多様でころころ変わるような一時的なものではないかという疑いです。
言語活動を行う「自我」のない動物として人間を捉えたいと考えて作品を作ろうと思いました。
つまり私たち人間は能動的に何かを選択し行動しているわけではなく受動的に何かを選択させられて動かされているという状態を演技の基本として作品を作るのです。
俳優と同じ空間にある全ての物(テーブル、イス、人間、エアコン、棚、観客等)が俳優を誘惑します。また、俳優の外側だけでなく、俳優自身の記憶に誘惑されることもあるでしょう。
私は受動的で信用ならない人間を肯定するために作品を作っています。

松井周