pictHeader-news

BLOG NEWS TSUMARI

【WS『わたしたちの発明』】4日目:農作業最終日と木藤ワークショップ

こんにちは。
サンプルの野津あおいです。

今日は農作業最終日。
イチゴと養鶏の早川農園さんに出かけました。
いただいた卵。平飼いでのびのび育てられた鶏の卵です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冨永班は草刈り。
写真は制作部本間さんに撮ってもらいました!
image
image
松井班はトウモロコシの収穫作業に行きました。

午後は2つのワークショップ。
杉山至さんのワークショップは、クローブ座の裏を流れる川に降りて行って「流木」「石」「何か好きなもの」の3つを採集します。
取ったアイテムをスケッチ。自分の妄想も付け加えます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
流木の上に人が居たり、形が動物に見えたり様々な妄想を一緒にスケッチします。

それを元に祭を作るワークショップ。
拾ってきたアイテムを「祭で人と神を繋ぐ装置」として使用します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
珍祭、奇祭がたくさん生まれました!

続いては照明・木藤歩さんのワークショップ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
木藤さんから出ていた宿題、手の影を意識した写真をとってくること。

電気を全て消した、暗闇の中のワークショップ。
視覚を遮断して、手渡されたアイテムの感触から「色」を連想するゲーム。
次はアイテムを「人物」と想定して、感触から受けたイメージを元に、名前や職業、年齢を考えてみます。
灯りをつけてそのものがなんだったか確認。
受けた感覚を表現できる光の当て方を考えてみます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真はいと瓜のクリストフ(24歳/スイス人)。上からのスポットライトの中に置くことで、つるんとした質感やツヤ、孤独感を出してみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
照明=視覚で見るもの、というものさしを取り除き、五感をフル回転させる木藤さんのワークショップ。
ものを「見立てる」遊びを楽しんでいるうちに、あっという間に終わりました。

一方、クローブ座校庭。
明後日(8/13)におこなわれる地域の盆踊りのために、やぐらが立ち始めました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
丸山先生、杉山先生、鈴木先生が地元の方に混ざってやぐらを組んでいます。
このお祭は今年初開催。
冬の長い津南町では、雪まつりが多いかわりに夏のお祭はあまり無かったそうです。
新しい祭が生まれる時間に立ち会うのは、まるで杉山先生のワークショップの続きよう。
しかもこの盆踊りのやぐら、ちょっと変わったデザイン。昨日の丸山先生のスライドの、世界の変な建物を見ているみたいです…

この話の続きはまた次回!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

明日は >> いよいよ公開パフォーマンスに向けての創作を始めます。

<< 昨日までの『わたしたちの発明』

WS『わたしたちの発明』レポート
0日目:津南町に来ました
1日目:松井周ワークショップ
2日目:農作業と杉山・鈴木ワークショップ
3日目:農作業と丸山・浅沼ワークショップ
4日目:農作業最終日と木藤ワークショップ
5日目:創作
6日目:公開パフォーマンス
7日目:ワークショップ最終日、北川フラム×松井周トーク

ワークショップと発表会は見学が可能です。
★『わたしたちの発明』公開パフォーマンス
日時:2016年
8月13日(13:00〜15:00)
8月14日(10:00〜12:00)
料金:入館料300円で見学可
※8月8日〜14日のワークショップも入館料300円で見学可

★関連イベント松井周×北川フラムトークイベント
2016年8月14日 14:30〜
参加費:500円

どちらも上郷クローブ座
(公開パフォーマンスは周辺を回遊していただく可能性があります。)